ビットコインキャッシュ(BCH)とは-ビットコインからハードフォークした仮想通貨

ビットコインから分裂したビットコインキャッシュ(BCH)とは

 

ビットコインキャッシュ(BCH)はビットコインから ハードフォークによって派生した仮想通貨 です。

もともとビットコインは有名になりすぎたために、取引量が増大し、スピードの低下やスケーラビリティの問題(送金詰まりや遅延)が問題となっていました。

そんな問題を解決するために、一部のビットコインマイナーの手によって生み出されました。また、ビットコインから派生したとあってほぼ同質の性質をもちます

 

ビットコインと異なる点は

・ブロックサイズがビットコインの8倍である

・スケーラビリティの問題(送金詰まりや遅延)が改善されている

・セキュリティーが向上している

スポンサードリンク




ハードフォークとは

 

ハードフォークとは旧来のブロックチェーンに新しいルールを加え、新しくブロックチェーンを作るアップデートです。結果的に2種類のブロックチェーンができます。

ハードフォークはその都度話題にあがり、価格にも影響を及ぼしてきます

ハードフォーク

 

ブロックサイズとは

 

ビットコインでは、ネットワーク上で行われた送金記録などの取引の記録は全て「ブロック」と呼ばれるスペースに保存されます。

「ブロックサイズ」とは、このブロックが詰め込める取引データの 「最大容量」の事 を言います。

ブロックチェーンでは、ブロックサイズは最大「1MB」と決まっており、この1つのブロックには多くても約4,000件ほどの取引しか記録することしかできないという 上限があります 

また、このブロックの追加が10分枚といたら1時間で約24,000件ほどの取引を記録できることになります。

 

ビットコインキャッシュの」「ブロックサイズ」は、このビットコイン「1MB」の8倍の「8MB」が最大容量となります。

 

ビットコインキャッシュの価格高騰

 

2017年8月頃、そんなプロジェクトから生み出されたビットコインキャッシュだったが、現実は思い通りにはいかず

ビットコインキャッシュ(BCH)はビットコイン(BTC)よりも「速度の遅い」通貨として低調な滑り出しとなった。

その原因として、次の事が上げられます。

ビットコインキャッシュ低迷の原因

・知名度により思惑通りのマイナー(採掘者)が集まらなかったため、

・さらに加えてマイナー報酬がBTCより低かったため

 

こうしてビットコインは当初は低迷を続けたのだが、2017年10月頃から価格の高騰が始まりました。

 

ビットコインキャッシュ

ハードフォークから誕生し低迷していた時期の価格は2万円前後、この2017年から10月からのこうとうで一時50万円を突破しました

現在は12万円ほどで推移していますが、 それでも6倍ほどですからね 

その要因として、

ビットコイン急騰の原因

・アメリカの最大手取引所でもあるCoinbase(コインベース)がビットコインキャッシュと取扱い

・Bitcoin.comの最高技術責任者でもあるエミル・オルデンバーグ氏が所有しているビットコインを全て売却してビットコインキャッシュに乗り換えたと発表

・マイニングの収益性がビットコインをビットコインキャッシュが上回ったため、マイナーがビットコインキャッシュに移動した

・ビットコイン決済ができる米BitPay(ビットペイ)がビットコインキャッシュでの決済を取り入れた
など、複数の考えられます。

 

つまり、今までビットコイン押しだった人達がビットコインキャッシュに移っていたのですね。

 

ビットコインキャッシュとViaBTC

 

ビットコインキャッシュは中国最大手のマイニングプール 「ViaBTC」の主導 で作成されました。

また世界最大級の採掘ファームを所有しているジハンウー氏が運営するBitmain社はViaBTCに出資しています。

 

ビットコインキャッシュ

またビットコインキャッシュの誕生は中国マイナーのビットコイン主権争いが大きく関係しているといわれています。

 

ビットコインキャッシュが日本でも買える取引所

 

ビットフライヤー
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

QUOINEX bitbank GMOコイン DMMbitcoin Zaif

 

円建てで投資できるのでわかりやすいですね。

取引所も様々ありますが、初心者ならまずビットフライヤーで初めてみてはどうでしょうか?

 

ビットフライヤー

 

 実は私もここ使っているのですが、矢印のところに欲しいだけの金額を入れてボタンをポチッと押すだけ。 

めちゃくちゃ簡単に買えます。

 

▼国内の取引所ランキングを見てみる

国内のホームグランドともなる取引所をランキング形式にしました

▼海外の取引所ランキングを見てみる

実際いつもトレードしている取引所をランキング形式にしました

スポンサードリンク










▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

ABOUTこの記事をかいた人

「板読み」解析を得意とする現役トレーダー。日経先物、小型株を中心に分析と実践を繰り返し自らの投資ノウハウを確立。日々アルゴリズムとの戦いに明け暮れ、トランプラリーを経て資金を20倍に増やす。現在は仮想通貨にも参入中。    ■仕事の依頼お待ちしております! ・取材、インタビュー ・投資セミナー講師 ・イベント登壇 ・他媒体の執筆など