BNB(Binance coin)とは-バイナンスが発行する取引所トークン「バイナンスコイン」

 

BNB(バイナンスコイン)とは世界最大の仮想通貨取引所Binanceが発行する取引所トークンです。

BNBを購入し、Binance(バイナンス)内でと取引手数料で使うと、 通常手数料0.1%かかるところが0.5%になるため、Binanceで取引るるには必須のコイン となっております。

その為、公開当初より価格も100倍を超える人気を博しています。

仮想通貨取引所-Binance(バイナンス)とは

BNB

 

世界中の仮想通貨トレーダーが使う世界最大の仮想通貨取所です。もとは中国の取引所だったのですが、現在では 拠点をマルタ島に移し 、進出国も世界中に拡大していっています。

セキュリティー対策にも力を入れておりサーバーも強く、世界中の仮想通貨トレーダーからの信頼を集めています。

私もバイナンスを多用しておいりますが、まだ1度もサーバーダウンした記憶がありません。

また取引できる通貨の種類も多く現在では100種類以上あり、草コインの種類も豊富にあります。

また、バイナンスに上場できるのは、バイナンスのある一定の審査をパスしないといけないため、スキャム通貨対策もかなりできている方だと思います。

 

Binanceに行く

Binance(バイナンス)の特徴と将来性

バイナンスについてまとめると

  •  仮想通貨取引高が世界第1位 
  •  取引所トークンがある 
  •  他の取引所に比べ手数料が安い 
  •  取引所トークンBNBを買えばさらに手数料が安くなる 
  •  取扱い通貨が豊富-100種類以上 
  •  スキャム通貨の心配がほぼない 
  •  新規上場銘柄を人気投票で選べる 
  •   今後も進出国を拡大

などです。

取引所の規模が拡大していき、それにの連れてバイナンストークンのBNBの価格も高騰し高騰していっています。

スポンサードリンク




BNB(バイナンストークン/バイナンスコインとは)

BNB(バイナンスコイン)はERC20、つまりイーサリアムのブロックチェーンで構築されています。

ERC20なのでスマートコントラストの機能も追加可能です。今後 スマートコントラストの機能が追加されれば価格もさらに上昇 すると予測できます。

定期バーン

BNBの最大の特徴が定期の発行通貨バーンがあります。これは毎年4半期ごとに実施されるもので、 最終的には発行枚数の1億BNBが買い戻される ことになります。

つまり、持っているだけで徐々に価値が上がっていくということになります。

BNB

ユーロのペアを導入予定

マルタ島に拠点を移したことにより、ユーロの取り扱いが可能になりました。

それに伴い、バイナンスは今年中に ユーロ(EUR)取引ペアを開始 すると発表。

さらに、取引所に新規参入者を紹介する 「紹介手数料」の報酬を倍増 すると発表しました。

これにより、新規参入者がさらに増え、取引所の規模も拡大すると予測されます。

1000億規模のファンド設立予定

ファンド設立は計画段階にあるとし、公式発表は未だですが、今後 10億ドル(約1100億円)での仮想通貨ベースのファンドを設立 するとのこと。

このファンドはバイナンストークンであるトBNBのみを投資手段として使用し、取引所のインキュベータースピンオフであるバイナンス・ラボを通じて運営される予定とのことです。

バイナンス・ラボのエラ・チャン社長は「投資はすべてひとつのレベルで、長期的に開催される」とし、以下に発言しています。

「我々は適切な資産管理を行っている。我々は長期的なプロジェクトに注力するのを好む。投資家や起業家も一緒に取り組むことになる。信じていなければそこに入ることはできない」

 

現在でている材料だけでもこれだけあります。

世界最大の取引所に成長するにはするだけの理由があり、他の取引所とは勢いが違いますよね。

今後Binance(バイナンス)の規模が拡大していけば、それに比例してBNB(バイナンストークン)の価格も上昇していくと予測できます。

私もBNBを大量に保有していますので、今後のさらなる飛躍が楽しみです。

スポンサードリンク










▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

ABOUTこの記事をかいた人

「板読み」解析を得意とする現役トレーダー。日経先物、小型株を中心に分析と実践を繰り返し自らの投資ノウハウを確立。日々アルゴリズムとの戦いに明け暮れ、トランプラリーを経て資金を20倍に増やす。現在は仮想通貨にも参入中。    ■仕事の依頼お待ちしております! ・取材、インタビュー ・投資セミナー講師 ・イベント登壇 ・他媒体の執筆など