JEX仮想通貨とは-10倍狙える中華系取引所トークンJEXと海外取引所JEXの特徴と将来性

2018年1月に開設された中国に拠点を置く仮想通貨先物・オプション取引を取り扱う中華系取引所です。

日本ではまだ認知度も低くアプリもない状況ですが、元OKexのメンバーが創設したということもあって、注目度が高い取引所です。

また今回ご紹介したいのがここの独自トークン「JEX」です。

一部の仮想通貨トレーダーの間ではポストFTと考えられており、安い今の内に仕込んでおけば将来10倍のリターンも不可能ではないかと思います。

JEXの取引銘柄

JEX

JEXの取引銘柄はいたってシンプルで、JEX、ETH、LTC、EOS、DASH、HT、BNB、TXRの8種類となります。

HTやBNB等の他取引所トークンを取り扱っているなんて独特ですよね。

またここは、日本語が対応され、さらにはオプション取引も対応しているので気に入っています。

オプションとは

一般的にオプション取引とは、

  • 将来の予め定められた期日に
  • 特定の商品(原資産)を
  • 現時点で取り決めた価格で売買する「権利」
    の取引です。 出典:日本取引所グループ(https://www.jpx.co.jp/)

他の取引所ではオプション取引がないため下げ相場に入れば指をくわえたまま見ているだけですが、JEXでは空売りで利益を伸ばせます。

日本語対応

嬉しい日本語対応です。やっぱり日本語に対応していると口座も開設しやすいですし、いざ取引するときでもいちいち翻訳する手間が省けます。

 

JEX取引所にいく

中華取引所トークン-JEX

JEXは独自トークンとして「取引所JEX」が発行しており、中国はもちろんのこと日本でも徐々に話題を集めつつあります。

その理由として

  •  日本語に対応しているから買いやすい 
  •  人気の取引所トークン、HT、BNBを取り扱っている 
  •  保有で手数料半額を検討中 
  •  保有で配当を検討中 
  •  時価総額がかなり安い 
  •  2018年は取引所トークンが熱い 
  •  中国が仮想通貨解禁すれば中華系トークンは火を噴く 

などなど、上げればきりがありません。

バイナンストークン
バイナンストークン「BNB」
フオビトークン
フオビトークン「HT」

参考ですがBNBとHTのチャートです。両方とも値上がり方がすごいですよね。

このJEXは開設されたばかりなので、BNBやHTのようにまだまだこれから伸びていくと期待されています。

このチャートを見れば期待されるのも無理はないです。

また、BNBのように取引所トークンJEXを保有で「手数料が半額」や「配当」なども現在検討中です。

 導入されれば値上がりは必至 ですよね。

スポンサードリンク




JEXトークンの役割

JEXでの取引手数料が半額になる

下の表の手数料がすべて半額になります。

また、オプション取引、ETF取引も0.2%なのですが、これも半額になります。

JEX

ハッキングなどに備えての保護基金

>>「JEX投資者保護基金」とはプラットフォームの不可抗力もしくは投資者自身の意思決定以外の要因による損失に関して、予め補償させていただくサービスです。

この「プラットフォームの不可抗力もしくは投資者自身の意思決定以外の要因による損失」とはハッキングなどの損失も含まれているとのことです。

>>JEXは四ヶ月ごとに、コイン市場でJEXトークンを買い戻しとさせていただきます、買い戻したJEXトークンは全額で「JEX投資者保護基金」に投入する。

4カ月ごとに最大10億枚(最大発行枚数の半分)を買戻し、それを保護基金にあてるとのことです。

これはかなりいい材料になり、安心してホールドできますね。

JEX

利益配当を予定している

またこれはテレグラムからの情報なのですが、FTやOKBのような配当システムを導入する予定とのことです。

まだ「いつから」「どのくらい」などの発表はないのですが、FCoinやOKEXのような利益配当を予定しているそうです。

利益配当が始まると、価格が高騰するのは必然ですよね。

安い今の内にJEXトークンを少額でもいいので買っておくのもいいのかもしれません。

スポンサードリンク










▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

ABOUTこの記事をかいた人

「板読み」解析を得意とする現役トレーダー。日経先物、小型株を中心に分析と実践を繰り返し自らの投資ノウハウを確立。日々アルゴリズムとの戦いに明け暮れ、トランプラリーを経て資金を20倍に増やす。現在は仮想通貨にも参入中。    ■仕事の依頼お待ちしております! ・取材、インタビュー ・投資セミナー講師 ・イベント登壇 ・他媒体の執筆など