ニューロメーション(Neuromation)とは-仮想通貨投資で100倍狙えるエストニア発コイン

 

  • 通貨名称・・・Neurotoken(NTK)
  • 総発行枚数・・・1億NTK
  • 市場総数枚・・・3年かけて50%まで減る
  • 公開日・・・2017年12月
  • 公式サイト・・・Neuromation
  • 公式Twitter・・・Neuromation

ニューロメーションとは

Neuromationは、 AI(人工知能)開発者や開発を依頼する企業や人などを結びつけるプラットフォーム です。

例えばクライアントからこういったAI(人工知能)を作ってほしいと依頼がきたとします。

このプラットフォームを媒介に人工知能開発者が、その依頼されたAI(人工知能)の開発を行い報酬を受けることができます。

また、プラットフォームに参加している企業や人がデータを提供して報酬を受けることもでき、出来上がった人工知能モデルを売買することも可能です

AI(人工知能)の開発者が乏しい昨今、開発を依頼したい企業と開発者などを結べ付ける現在注目を浴びているプラットフォームです。

Neuromation公式サイト

 

ビジネスモデル

■AI(人工知能)を導入して事業の効率化や無人化、自動かを図りたい企業がニューロメーションのプラットフォームから依頼

■人工知能開発者がその依頼されたAI(人工知能)を開発

■開発を依頼した企業は報酬として ニューロトークン(NTK)を人工知能開発者に支払う  (※データの提供者にもニューロトークンの報酬あり)

■創り出されたAI(人工知能)はプラットフォーム上に蓄積されていく

スポンサードリンク




ディーププランニングとは

ディーププランニングとは近年注目されている人工知能研究の一つで、コンピューターが物事を理解するための新しい学習方法を指します。

人間の脳をモデルにしたニューラルネットワークと呼ばれる技術を基にしており、ニューラルネットワーク技術を何層にも重ねた構造を持つことによって、これまで実現できなかった抽象的なデータを認識できる点が、大きな特徴です。

近年のインターネットの高速化や、画像データの高精度化によって、コンピューターは、より人間に近い考え方ができるようになりました。

人間が他人や動物を識別する場合、視覚や聴覚などを駆使して、対象物の体格などの全体を見た後に、目、耳、口などの顔のパーツなどを認識したり、あるいはその逆で、パーツから全体を認識したりするような階層的な過程を経ています。

従来コンピューターにはこのような過程を経た認識をさせることは困難とされ、対象物の特徴を計算するプログラムによって識別を行っていました。

しかしディープラーニングでは、人間の認識過程と同じ過程を踏み、写真に写っている人の顔や動物等をコンピューターに認識させることが可能になりました。

ニューロトークン50%バーン計画とは

取引開始日 2017年12月
最大発効数 1億枚
現在発行数 3年までに50%バーン
 ICO価格 約80円

 

 3年以内には今ある半数をバーン するとされています。

つまり、つまり株式のいうところの自社株買い+消却ですね

すでにそれがロードマップに組み込まれており、値上がり必至!ということで、さらに注目を浴びています。

  • 2019/2までに 7000万NTK(1億の30%分をバーン)
  • 2020/2までに 5600万NTK(7000万の20%分をバーン)
  • 2021/2までに 5040万NTK(5600万の10%分をバーン)

現在のところ、ニューロメーションのホワイトペーパーでは、

  • 2019/2の30%バーン時に需要は4倍
  • 2020/2の20%バーンで需要が30倍
  • 2021/2の10%バーンで需要が90倍

を見込んでいると書かれています。

ニューロメーションの上場先

yonit

tidex

現在二つの取引所に上場しており、今後もさらに様々な取引所にアプローチをかけていくとのこと

バイナンスに上場したら値上がり必至ですよね

ニューロメーションの口コミ

エストニアの電子政府とは

エストニア電子政府とは

・領土を必要としない国家の構想

・隣国フィンランドからの教訓

・電子政府への信頼は透明性から

の3つの成功要因があるとレポートされているが、実際、そんな環境で育った人たち・企業がローンチさせたのがこのニューロメーションなのである。

日本の先、何歩も歩いているエストニア発のニューロトークンだからこそ、期待をよせ投資している人は数少なくない。

世界最先端の「電子国家」エストニア。行政サービスの99%がオンラインで完結するため、こう呼ばれているが、北欧の人口134万人程の小さな国が、なぜこのような先進的なシステムを構築することが出来たのだろうか。今回は、その飛躍的な成長を遂げた要因についてレポートしたい。エストニアの「電子政府」を可能にした3つの成功要因

ニューロトークン(NTK)が入手できる取引所

Yobit Tidex
▼海外の取引所ランキングを見てみる

実際いつもトレードしている取引所をランキング形式にしました

▼国内の取引所ランキングを見てみる

国内のホームグランドともなる取引所をランキング形式にしました

スポンサードリンク










▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

ABOUTこの記事をかいた人

「板読み」解析を得意とする現役トレーダー。日経先物、小型株を中心に分析と実践を繰り返し自らの投資ノウハウを確立。日々アルゴリズムとの戦いに明け暮れ、トランプラリーを経て資金を20倍に増やす。現在は仮想通貨にも参入中。    ■仕事の依頼お待ちしております! ・取材、インタビュー ・投資セミナー講師 ・イベント登壇 ・他媒体の執筆など