ヒンデンブルグオーメンとは-株価急落シグナルの条件と予兆を過去データから検証

「ヒンデンブルグオーメン」は米国市場の株価暴落を予兆するシグナルです。

その呼称は1937年5月米国のニュージャージー州レイクハースト海軍飛行場で発生したドイツの飛行船「ヒンデンブルク号」の爆発・炎上事故に由来しており、オーメンとは「良くないことが起こる前兆」という意味があります。

よくない意味の単語が2つ並んでいるとことから、予想がつくようにただの暴落ではありません。

日経市場は米国市場のミラー相場と呼ばれているぐらいに密接な関係にあるので、米国株価が暴落すれば日経市場も巻き込まれるのは必至です。

ヒンデンブルグ・オーメンとは

ヒンデンブルグ・オーメン発生条件

ヒンデンブルグ・オーメンの発生条件は諸説ありますが、直近では以下の4つの条件が同じ日に起こったときとの見方が多いようです。

  1.  ニューヨーク証券取引所(NYSE)での52週高値更新銘柄と52週安値更新銘柄の数がともにその日の値上がり・値下がり銘柄合計数の2.8%以上 
  2.  NYSEインデックスの値が50営業日前を上回っている 
  3.  短期的な騰勢を示すマクラレン・オシレーターの値がマイナス 
  4.  52週高値更新銘柄数が52週安値更新銘柄数の2倍を超えない 

一度発生すれば向こう30営業日は有効ですが、マクラレン・オシレーターがプラスとなれば無効となります。

ヒンデンブルグ・オーメン過去を検証

過去のデータによれば、ヒンデンブルグ・オーメンが確認された後、

  1.  77%の確率で株価が5%以上下落 
  2.  パニック売りとなる可能性は41% 
  3.  株式市場が重大なクラッシュとなる可能性は24% 

と算出されています。

ヒンデンブルグ・オーメンが発生しても暴落しないケースもあるみたいですが、1985年以降では米株が暴落した際はいずれの場合もシグナルが現れていました。

スポンサードリンク




掲示板での反応

ヒンデンブルグ・オーメン
1 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2017/03/14 ID:asfsad
今日はヒンデンブルグオーメンは無点灯となりました。。(´・ω・`)
しかし、昨日一度点灯してるのでおよそ1か月程度は警戒が必要。。(´・ω・`)

2 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2017/03/14 ID:ktuktr
たしかにスゴイですね。ためしに動きの乏しいVIXも入れてみました。ヒンデンブルグオーメンにハイイールド債の下落と材料は揃いまくってますけどどうでしょうか…

3 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2017/03/14 ID:ghswrthrth
米NY株式市場でヒンデンブルグオーメンが3/13取引開始前に点灯した。点灯すると1か月以内に、80%の確率で下落が 起きるといわている

4 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2017/03/14 ID:jkrykjr53275
ファッ!?
ヒンデンブルグオーメン点灯してたやんけ!

5 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2017/03/14 ID:sr648
マクラレンオシレーターは今のところプラス圏。まだサインは点灯せず。これがマイナスに傾くとヒンデンブルグオーメン関係の記事増えてきそう。
しかし、昨日一度点灯してるのでおよそ1か月程度は警戒が必要。。(´・ω・`)

6 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2017/03/14 ID:fewfsd74
ヒンデンブルグ・オーメン?
よっしゃ買いや!

7:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2017/03/14 ID:oj6948as
>>なんでやねん!

8 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2017/03/15 ID:fdggf
ヒンデンブルグ・オーメン点灯
(響きがいいので言いたいだけ)

13 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2017/03/15 ID:ersh654
昨日ヒンデンブルグ・オーメンの話が出てたけど、手始めなのかマザーズが死ぬとは思わなんだ。

17:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2017/03/15 ID:564sgfd
ヒンデンブルグ・オーメンが注目されるのはひたすら語呂のカッコ良さだと常々思ってるよ

スポンサードリンク










▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

ABOUTこの記事をかいた人

「板読み」解析を得意とする現役トレーダー。日経先物、小型株を中心に分析と実践を繰り返し自らの投資ノウハウを確立。日々アルゴリズムとの戦いに明け暮れ、トランプラリーを経て資金を20倍に増やす。現在は仮想通貨にも参入中。    ■仕事の依頼お待ちしております! ・取材、インタビュー ・投資セミナー講師 ・イベント登壇 ・他媒体の執筆など