仮想通貨(暗号通貨)で草コイン投資-おすすめの海外取引所とその評判ランキング

円建てから卒業-海外の取引所をご紹介!

国内の取引所には扱っていない仮想通貨を買いたいけど、どこで取引したらいいかわからない。

という方のために実際私がいつも取引をしている海外の取引所をふまえ、ランキング形式でご紹介させていただきます。

取引所により、売買手数料も異なれば、システムの使いやすさもそれぞれ異なります。

せっかく開設するのだから、できるだけ自分にあったところを選びたいですよね。

是非参考にして下さい。

ペンギンさん
特にバイナンスはいつも使ってます。おすすめだよ!

スポンサードリンク




1位-バイナンス(Binance)

バイナンス
手数料の安さ ★★★★★★★★★★
セキュリティ ★★★★★★★★☆☆
使いやすさ ★★★★★☆☆☆☆☆
取扱い銘柄量 ★★★★★★★★★★
取引所の取引量 ★★★★★★★★★☆

メリット

手数料が安い:0.01%◎取扱い銘柄量が250種以上◎

デメリット

日本語に対応していない×

取引所の特徴

2段階認証ができIDの乗っ取りを防止できます。またバイナンスのユーザーが投票権を持っており、投票の高い通貨を上場させれるシステムがあります。

また、スマホにも対応しており英語になれれば比較的使いやすいアプリです。取扱い銘柄の多さからも私は頻繁のここを使っています。

Binanceに行く
 

 

2位-オーケーイーエックス(OKEx)

OKEx
手数料の安さ ★★★★★★★☆☆☆
セキュリティ ★★★★★★★★★☆
使いやすさ ★★★★★★★★☆☆
取扱い銘柄量 ★★★★★★★★★★
取引所の取引量 ★★★★★★★★☆☆

メリット

取扱い銘柄が豊富150種類以上◎

デメリット

日本語に対応していない×

取引所の特徴

スマホに対応しており、アプリはすごく使いやすです。ここの最大の特徴は見やすいチャートと豊富なオシレーターです。

オシレーターで解析するときは迷わずOKExを使ってします。手数料も高くもなく、使いやすい取引所です。

OKExに行く
 

 

3位-フオビ(Huobi)

フオビ
手数料の安さ ★★★★★★☆☆☆☆
セキュリティ ★★★★★★★★★☆
使いやすさ ★★★★★★★☆☆☆
取扱い銘柄量 ★★★★★★★☆☆☆
取引所の取引量 ★★★★★★★★☆☆

メリット

日本語に対応している◎

デメリット

海外取引所にしては銘柄が少ない△

取引所の特徴

日本語に対応しており、スマホのアプリにも対応。取扱いの銘柄数は40種ほどで、手数料は0.2%。

フオビの最大の特徴はチャートが抜群に使いやすいところです。多数ある取引所の中でも一番好きかもしれません。

日本の最大手証券会社SBIとも提携しており、今後ますます発展していく取引所だと思います。

Huobiに行く
 

 

4位-ビットレックス(Bittrex)

フオビ
手数料の安さ ★★★★★☆☆☆☆☆
セキュリティ ★★★★★★★★☆☆
使いやすさ ★★★★★★★☆☆☆
取扱い銘柄量 ★★★★★★★★★★
取引所の取引量 ★★★★★★★☆☆☆

メリット

取扱い銘柄が豊富250種類以上◎

デメリット

日本語に対応していない×

取引所の特徴

2段階認証対応なので乗っ取りの防止ができます。取扱い銘柄も豊富で250種類以上あります。

草コインやICOも狙っていくなら、種類が豊富なので選べれます。ただ手数料は他との取引所と比べ高めなので頻繁にトレードするトレーダーには不向きかもしれません。

Bittrexに行く
 

 

5位-タイデックス(Tidex)

タイデックス
手数料の安さ ★★★★★☆☆☆☆☆
セキュリティ ★★★★★★★☆☆☆
使いやすさ ★★★★★★☆☆☆☆
取扱い銘柄量 ★★★★★★★★☆☆
取引所の取引量 ★★★☆☆☆☆☆☆☆

メリット

オシレーターが豊富◎

デメリット

日本語に対応していない×

取引所の特徴

2段階認証対応なので乗っ取りの防止ができます。他の取引所で扱っていない通貨も取扱い。

Neurotoken(ニューロトークン)やindaHash(インダーハッシュ)など一部の取引所でしか扱っていない通貨も扱っているので、有名な取引所に上場する前に買っておくのもいいと思います。

Tidexに行く
 

 

6位-ヨービット(Yobit)

ヨービット
手数料の安さ ★★★★★☆☆☆☆☆
セキュリティ ★★★★☆☆☆☆☆☆
使いやすさ ★★★★★☆☆☆☆☆
取扱い銘柄量 ★★★★★★★★★★
取引所の取引量 ★★★★★★★☆☆☆

メリット

草コインが豊富◎

デメリット

日本語に対応していない×

取引所の特徴

取扱い銘柄も豊富で草コインが200種類以上あります。日本語が対応していないため、慣れるまで時間がかかります。

また結構サーバーが重いので、サクサクやりたい人にはストレスが溜まるかもしれません。ここの魅力と言えば豊富過ぎる数の草コイン。

多すぎて一つ一つ調べていくのには至難の技がいります。暇があればここで草コインを探すのも楽しいですよ。

Yobitに行く
 

取引所を選ぶ際のポイント

取引所を選ぶ際に気を付けてるポイントは以下の通りです。

  • 手数料
  • 取扱い通貨
  • 取引量
  • スプレット
  • セキュリティ
  • レバレッジ
  • アプリの使いやすさ

手数料

先ずはなんといっても手数料ですね。

特に頻繁に取引する人は要注意!手数料が高いところを選ぶと、手数料負けする恐れがあります。

他のポイントとの兼ね合いがありますが、なるべく安いところにしたいですよね。

取扱い通貨

取引所によっては通貨の扱っている種類が違います。

自分がどの通貨の取引をしたいか今一度確認をし開設してください。

また、アルトコインでもメジャーなリップルやイーサリアムを取り扱っていない所もあり注意が必要です。

取引量

通貨の取引量は取引所を選択する上で重要な指標になります。

取引量が少ない取引所では価格が安定しにくく、仮想通貨の価格が大きく変動する場合があります。

また、極端に取引量が少ない取引所では閉鎖にや休止に陥ったりする場合もありますので、取引量が少ない取引所は避けた方が無難でしょう。

出典:国内ビットコイン市場

スプレット

スプレットが大きければそれだけ取引のロスがでます。

なぜこのスプレットが出てくるかと言うと販売所がその差額を手数料として稼ぐためです。

つまり、スプレットが大きければ大きいほど損をするのです。

なので、なるべくスプレットの小さい所を選びたいですよね。

セキュリティ

取引所を選択する上で特に重要なのがセキュリティです。

コインチェックのネム流出事件等、ハッキング被害は少なからずあります。

なるべくセキュリティが高いとこがいいですよね。

また、金融庁から認可を受けてるかどうかも重要な項目かと思います。

やはり金融庁から認可を受けている取引所は国のお墨付きをもらった「登録業者」と言うことで安心ですよね。

ちなみに、コインチェックは金融庁からの認可は受けておらず「みなし業者」でした。

レバレッジ

レバレッジをかけて大きく稼ごうとしている人には重要です。

中には25倍までレバレッジをかけれる取引所もありますので、じっくり吟味したいですよね。

アプリの使いやすさ

頻繁に取引をするなら、やはりアプリの使いやすさは重要です。

中にPCさながらのテクニカル指標を使えるアプリもありますので、なるべく使いやすいところを選びたいです。

スポンサードリンク










▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

ABOUTこの記事をかいた人

「板読み」解析を得意とする現役トレーダー。日経先物、小型株を中心に分析と実践を繰り返し自らの投資ノウハウを確立。日々アルゴリズムとの戦いに明け暮れ、トランプラリーを経て資金を20倍に増やす。現在は仮想通貨にも参入中。    ■仕事の依頼お待ちしております! ・取材、インタビュー ・投資セミナー講師 ・イベント登壇 ・他媒体の執筆など