ウェブボットとは-人工知能(AI)webbotが仮想通貨の未来を大胆予想

2018年の将来をAI-人工知能「ウェブボット」が仮想通貨(暗号通貨投資)を大胆予想

 

ウェブボットとは、仮想通貨の今後の予想をしてくれる人工知能(AI)で、

 ビッグデータ情報を抽出して反応度合いの状況を分析するウェブボット (webbot)です。

SNSなどから感情値の高い言葉を収集し、その人々の感情から分析をしています

これまでの予想がかなり当たっていると評判になっていますが、

開発者は、あの マイクロソフトの元コンサルタントだったクリフ・ハイ氏 なんですよね。

以前は上のyoutubeのように仮想通貨の未来予想を公表しておりましたが、現在でで99ドルの有料レポートとなっております。

このレポートは下記のサイトより購入できます。

WhizBang!Bang!
WhizBang!Bang!
 

スポンサードリンク




2018年のウェブボットまとめ

 

そんなウェブボット(webbot)から2018年の予想を通貨別にまとめてみました

当たるといいですよね!

(あくまでもSNSから人間の感情を元に解析した予想ですので、ファンダメンタルやテクニカルの要素は含まれていません。)

 

仮想通貨

 

仮想通貨市場全体

・2月に上昇する
・仮想通貨人口が1.2%から13.6%まで上昇する

ビットコイン(BTC)

・2月に150万円になる
・9月で最高値
・年末に1,100万円になる

イーサ(ETH)

・3月まで比較的穏やかに上昇
・大きく乱高下
・秋ごろスマートコントラクトに深刻な問題が見つかる

リップル(XRP)

・3ドルを目指す
・価格操作されやすい
・5月が一番期待できる

ビットコインキャッシュ(BCH)

・2月まで盛り上がる
・新しい有用性を見出され急騰する

ネオ(NEO)

・1月で吹き上がる
・大きく上昇する

モネロ(XMR)

・春以降に暴騰する
・安全な退避通貨として選ばれる

 

ウェブボット(webbot)からの推察

 

2018年の2月頃は仮想通貨全体の結構な暴落があり、損をする人も多かったかと思います。

しかし、今後、ウェブボットにはあまりネガティブな予想はないので、夏から年末に向けて仮想通貨市場の展望は明るいと思います。

ヘッジファンドの有名機関なども仮想通市場へ参加表明しだしていますし、今まで禁止にしていた国なども手のひらを返してきていますよ。

あと気になるのは中国の動向ですかね。

 中国が解禁すれば一気に仮想通貨人口も増え、ウェブボット予想の13.6%も夢じゃない と思います。

 

ツイッターでの反応

 

スポンサードリンク










▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

ABOUTこの記事をかいた人

「板読み」解析を得意とする現役トレーダー。日経先物、小型株を中心に分析と実践を繰り返し自らの投資ノウハウを確立。日々アルゴリズムとの戦いに明け暮れ、トランプラリーを経て資金を20倍に増やす。現在は仮想通貨にも参入中。    ■仕事の依頼お待ちしております! ・取材、インタビュー ・投資セミナー講師 ・イベント登壇 ・他媒体の執筆など